ここから本文です

かみついてきた鶴瓶に「面白い!」東京進出をアシストした巨泉さん

東スポWeb 7月22日(金)16時21分配信

 急性呼吸不全のため12日に亡くなったタレントで元参院議員の大橋巨泉さん(本名・大橋克巳=享年82)は、「お笑い界の重鎮」となった落語家・笑福亭鶴瓶(64)の東京進出に一役買っていたという。

 巨泉さんの代表的な番組と言えるのが「世界まるごとHOWマッチ」(TBS系)だ。世界中のあらゆるものに関する値段を当てるクイズ番組で、ビートたけし(69)や石坂浩二(75)が回答者として出演。1983年から90年まで放送され、毎回20%台後半の高視聴率を記録する人気番組だった。

 同番組に鶴瓶がゲスト出演したことがあった。

「当時の鶴瓶さんは関西では多くのレギュラー番組を持つ人気タレントでしたが、東京ではほとんど知られていなかった。今みたいにインターネットもなかったから、関西で売れても話題にならなかった。東京では無名のお笑い芸人だったんです」(お笑い関係者)

 無名の芸人が全国ネットの人気番組に出演するとあって、鶴瓶は爪痕を残そうと必死。考えたのが当時、テレビ界で圧倒的な存在感を持っていた巨泉さんにかみつくことだった。

「番組の途中、鶴瓶さんは巨泉さんに対し『嫌われそうな性格してるわ。アンタ、敵多いやろ?』と言ったんです。当時のテレビ界でトップを走る名司会者に無名の芸人がこんなことを言ったから、スタッフらは『巨泉さん、キレるんじゃないか?』とヒヤヒヤしたそうです」(同)

 ところが巨泉さんは、鶴瓶の発言に怒るどころか大爆笑。その後、番組内で何回も「『敵多いやろ』って何だよ!」とイジりまくった。

「これをきっかけに鶴瓶を大いに気に入って、その後は別の番組にも呼ぶようになった。鶴瓶さんが東京に定着する一因になったんです」(同)

 今ではすっかり重鎮となった鶴瓶だが、もし「敵多いやろ?」という発言に巨泉さんが激怒していたら、今の活躍はなかったかもしれない。

最終更新:7月22日(金)16時31分

東スポWeb