ここから本文です

元プロレスラー安生洋二がバニーガールユニットと異色の共演

東スポWeb 7月22日(金)16時21分配信

 3人組バニーガールユニット「バニー三銃士」と、元プロレスラー安生洋二(49)が、異色の共演を果たした。

 この“美女と野獣”のコラボは、男性3人組音楽グループ「クリフエッジ」が9月7日にリリースする最新アルバムの表題曲「雨ニモマケズ 風ニモマケズ ~Mr.200%~」のミュージックビデオの撮影で実現。そのロケがこのほど、都内で行われた。

 バニー三銃士は、迷える世の男たちに元気を与えるべく結成されたユニット。クリフエッジの同曲が世の中に勇気を届けるメッセージソングであるため、出演に白羽の矢が立った。

 安生は現役時代に「Mr.200%」の異名を取った縁で、出演オファーがあった。

 撮影でバニー三銃士の小林蓮は、安生を卍固め&コブラツイストでグイグイ締め上げた。

 小林は「初めてだったけど、意外とうまく締められた」とご満悦の表情で、うさぎの白いしっぽをフリフリ振る。チョップやエルボーを見舞った倖田まおは「安生さんがもだえる顔が、かわいかったぁ」と“萌え”たよう。八重子は「安生さんの筋肉が厚くてカッコよかった」と目をハートにした。

 安生は小林に締められ、往年の闘志が目に宿り、「うぅ~…。的確にツボに入っているぜ」とうめく。だが、よ~く見ると、鼻の下がデレデレと伸びていたのは気のせいか。「(引退して)1年ぶりに技をかけられたな。こんなに苦しい思いをしていたなんて驚がく。再びあんな戦いはできない」と改めて悟ったようだ。

 なお、バニー三銃士は8月7日、21日に東京・新宿のバー「SHOT BAR MAO ANNEX」でイベントを行う。

最終更新:7月22日(金)16時21分

東スポWeb