ここから本文です

バドミントン「ヨネックスOP」今回は“五輪凱旋試合”で盛り上がり必至

東スポWeb 7月22日(金)16時21分配信

 バドミントンのスーパーシリーズ「ヨネックスオープン」(9月20~25日、東京体育館)の記者発表が21日、都内で行われ、奥原希望(21=日本ユニシス)らリオ五輪の日本代表選手が顔を揃えた。

 女子シングルスの奥原、山口茜(19=再春館製薬所)、女子ダブルスの高橋礼華(26=日本ユニシス)、松友美佐紀(24=同)組はいずれもこの大会がスーパーシリーズ初優勝。「ワケも分からないうちに勝ってしまって、私でいいのかなと思った」(山口)、「成長していくきっかけになった大会」(松友)とそれぞれに強い思い入れがある。

 しかも、今年は「リオ五輪後、日本のファンにプレーを見せられる数少ない機会」(奥原)。大会関係者によると、最終日にはメダリストのセレモニーが行われる予定だ。

 4年前はロンドン五輪銀メダルの“フジカキ”こと藤井瑞希、垣岩令佳組が、まさかの1回戦敗退。試合後に突然、コンビ解散を発表したため、最終日に行われた場内でのインタビューでは微妙な空気が流れた。

「今回のメダル候補はみんな若いし、東京を目指すのでは? 同じようなことはないでしょう」(関係者)。リオでは金メダルの期待も高いだけに、凱旋試合となる今大会は空前の盛り上がりを見せそうだ。

最終更新:7月22日(金)16時21分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]