ここから本文です

「Pokemon go go go」と「GoSnaps」はPokemon GOではありません iOSの偽(?)アプリに注意

ITmedia ニュース 7月22日(金)11時8分配信

 「Pokemon GO」が7月22日、ようやく日本でリリースされた。アプリをダウンロードする際は、偽物と間違えないよう注意が必要。公式サイトからダウンロードするのが確実だろう。

【どんなアプリ?】

 App Storeでは21日ごろから、“Pokemon GOっぽい”アプリが無料ランキング上位に。22日午前11時時点で、1位は「Pokemon go go go」、2位は「GoSnaps」だ。それぞれモンスターボールをイメージしたアイコンデザインで、Pokemon GOと間違えてダウンロードする人が続出している。

 「Pokemon go go go」は、3Dのフィールドを歩き回ると、モンスターが現れるアプリ。現実世界とリンクしたARゲームではなく、あくまで画面の中を歩き回るだけ。ポケモンなどに無許諾の海賊版アプリのようだ。

 2位の「GoSnaps」は、Pokemon GOユーザー同士で、ポケモンが現れた場所をプロットして教えあうアプリ。スマホの位置情報をもとに、地図上に写真をアップロード・共有できる。

 ただ、GoSnapsで公開された写真を見てみると、Pokemon GOが先行配信された米国エリアでも、建物などポケモンと関係ない画像や、“自撮り”写真が多い。

 ちなみにApp Storeでは「ポケモンGO」で検索しても本物のアプリはヒットしない。「Pokemon GO」とアルファベットで検索する必要がある(22日午後0時時点)。

 Android版でもマルウェア入りの偽アプリが多数確認されており、注意が必要だ。

最終更新:7月22日(金)12時28分

ITmedia ニュース