ここから本文です

仁川・松島国際都市 韓国ドローン産業のメッカへ向け着々

聯合ニュース 7月22日(金)14時33分配信

【仁川聯合ニュース】韓国・仁川の松島国際都市にドローン(小型無人機)のユーザーや関連企業が続々と集まっている。

 仁川市によると、この2年間で南洞区と延寿区の松島国際都市にはドローン部品開発企業など約10社が進出した。

 また、松島は飛行禁止や制限区域が多いソウル、京畿道とは違い自由にドローンを飛ばせるため多くのユーザーが訪れている。

 海上救助ドローンの開発・生産を手掛ける企業「スムビ」のオ・インソン代表は、「松島は航空インフラが整っているほかソウルや京畿道から専門人材を求めやすい。松島はドローン産業の要衝になる」と話す。

 同市は785億ウォン(約73億円)を投じ、仁荷大が所有する松島産業技術団地内の用地(1万6400平方メートル)に2020年までに航空産業産学融合地区を造成する。

 韓国政府の産学融合地区公募事業にも応募し、松島をドローンをはじめとする航空研究の中心地として育成していく方針だ。

 同市関係者は「ドローンなどの航空産業は国内だけでなく中国でも高い需要が予想される。航空産業インフラや環境が整った仁川で関連産業を育成していけば大きな効果が得られる」と期待を寄せた。

最終更新:7月22日(金)15時7分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。