ここから本文です

宇宙ステーションを模した閉鎖環境に2週間滞在 JAXAが被験者を再募集 8月3日まで

ITmedia ニュース 7月22日(金)12時14分配信

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月21日、国際宇宙ステーション(ISS)を模した閉鎖環境に2週間滞在する人材の一般募集を始めた。今年2月の実験に続く2度目の募集。被験者に協力費として38万円を支払う。応募は8月3日まで。

 筑波宇宙センター(茨城・つくば市)にある宇宙を模した閉鎖環境下に、13泊14日にわたって滞在する実験。国際宇宙ステーション(ISS)での長期間滞在を想定し、外出やスマートフォンの持ち込みを禁じる。被験者は計算などの単純作業やロボットの製作、ディベートなどを行うほか、保存食を食べるなどして過ごし、ストレスの状態をチェック。結果は宇宙飛行士の精神面の健康管理に生かすという。

 募集対象は20~55歳の健康な男性で、定員は8人。実施日は9月13~26日を予定している。Webサイトで氏名や電話番号などを入力して応募できる。

 同様の実験は今年2月にも実施。8人の定員に対し、4000人以上の応募があったという。「今年度内にあと2回は実験を行う予定」(広報担当者)としている。

最終更新:7月22日(金)12時14分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]