ここから本文です

ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

レスポンス 7月22日(金)19時30分配信

ホンダが今秋、欧州での納車を開始する予定の新型『NSX』。同車の欧州仕様について、動力性能の一部が公表されている。

画像:ホンダ NSX 新型(欧州仕様)

新型NSXは、アルミやカーボンファイバーなどの軽量素材を積極的に使用。車両重量は欧州仕様の場合、ベースモデルで1763kgに抑えられた。前後の重量配分は、42対58。エンジンの潤滑方式には、ドライサンプ方式を採用した。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンク。ブレーキはブレンボ製で、キャリパーはフロント6ピストン、リア4ピストン。ローター径は、フロントが368mm、リアが361mm。オプションで、カーボンセラミックが選択でき、ローター径はフロントが381mmに拡大する。

タイヤサイズは、フロントが245/35ZR19、リアが305/30ZR20。欧州仕様は、コンチネンタル「コンチスポーツコンタクト5 SP」が純正装着された。

トランスミッションは9速デュアルクラッチ。新型NSXは欧州仕様の場合、最高速がおよそ308km/hに到達する性能を備えている。


【お詫びと訂正】当初「ホンダの市販車として、初のドライサンプ方式」と記述しましたが、『1300』シリーズがドライサンプでした。お詫びして訂正いたします。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月24日(日)16時47分

レスポンス