ここから本文です

日テレ新人アナ、水卜会に「行ってみたい」も郡司アナから「まだ早い」

デイリースポーツ 7月22日(金)11時44分配信

 日本テレビの新人アナウンサー・佐藤真知子(23)、滝菜月(23)が22日、都内で、同局夏イベント「超汐留パラダイス!」(23日~8月28日、東京・汐留 日本テレビ周辺)のお披露目ツアーに出席し、イベントデビューを飾った。

 ミュージカル好きの佐藤アナと歓迎会でラップを披露したという滝アナは、入社4年目の先輩・郡司恭子アナウンサー(26)とステージに上がった。イベント企画「絶対に笑ってはいけない汐留バスツアー」で体験できる罰ゲーム「ケツバット」挑戦を振られたが、佐藤アナが「部長からNGが」と説明。体を張った紹介には至らなかった。

 トークでは、郡司アナが、入社7年目の水卜麻美アナウンサー(29)宅で手作りゴーヤチャンプルを振る舞ってもらったことを明かすと、新人アナ2人は「行ってみたい」と期待。郡司アナは「まだ早い。でも、水卜会があるので食べられるかも」と話していた。

最終更新:7月22日(金)17時3分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。