ここから本文です

『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』を題材に挑んだ飯マンガ“世界樹四人飯”の前編が公開!

ファミ通.com 7月22日(金)17時46分配信

●迷宮飯マンガが開幕!
 アトラスは、2016年8月4日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』を題材に飯マンガに挑む特別企画“世界樹四人飯”の前編を公開した。

 以下、リリースより。

----------

 本日、『食の軍師』で知られるマンガ家「泉昌之」が『世界樹の迷宮V』を題材に“飯マンガ”に挑む特別企画『世界樹四人飯』の前編を公開しました!
 また公式サイトも更新し、新たにDLCページを公開。「Character」ページではリーパーとネクロマンサーのアナザーカラーを公開しました。

 昨今大ブームを巻き起こしている“飯マンガ”。そのブームの火付け役ともいえる『孤独のグルメ』(原作)を代表作に持つ久住昌之氏と『インテリやくざ 文さん』(作画)などの代表作で知られるマンガ家の和泉晴紀氏のコンビマンガ家が「泉昌之」です。
 テレビドラマ化もされた『食の軍師』など多くの“飯マンガ”でも知られる「泉昌之」が、このたび『世界樹の迷宮V』を題材に“飯マンガ”に挑戦することに。その名も『世界樹四人飯』 !
 本日、特設ページにて『世界樹四人飯』前編を公開しました!果たして冒険者たちはこの迷宮をたいらげることができるのか…。
 ぜひご覧ください。

『世界樹四人飯』特設ページ
http://sq-atlus.jp/sq5/comic/(⇒こちら)


『世界樹四人飯』後編は7月29日公開予定!乞うご期待!

泉昌之 プロフィール
原作・久住昌之、作画・和泉晴紀の二人による漫画家コンビ。
日常のささいな出来事を深く掘り下げて描き出す作風に定評がある。特にデビュー作『夜行』をはじめ、食べる事をテーマにした作品を多数生み出しており、現在も連載中の『食の軍師』は2015年にドラマ化もされた。 他、マンガの代表作に『豪快さんだっ !』『ダンドリくん』、エッセイの代表作に『昼のセント酒』などがある。

■DLC
 本日公式サイトにて新たにDLCページを公開!本作で予定されているすべてのダウンロードコンテンツを一気にご紹介します。

■Character

体験版についてくわしくはこちらをご覧下さい⇒ http://sq-atlus.jp/blog/archives/2466(⇒こちら)

世界樹の迷宮V 長き神話の果て
メーカー:アトラス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:2016年8月4日発売予定
価格:6480円[税抜](ダウンロード版も同価格)、コレクターズパック:9980円[税抜]
ジャンル:3DダンジョンRPG

最終更新:7月22日(金)17時48分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。