ここから本文です

イチロー「僕が変わることはない」 近づく偉業に注目度高まるも平常心

デイリースポーツ 7月22日(金)12時53分配信

 「フィリーズ3-9マーリンズ」(21日、フィラデルフィア)

 マーリンズのイチロー外野手(42)がフィリーズ戦に「1番・右翼」で出場し、5打数2安打1得点だった。今季18度目のマルチ安打で打率は・343。メジャー通算2996安打とし、史上30人目の偉業にあと4本まで迫った。チームは快勝し、貯金は今季最多タイの「9」。

【写真】エイミーさんの「イチ・メーター」も「2996」に

 メジャー通算3000安打まで4本とし、22日から本拠地10連戦に臨むイチローは、地元ファンの前での記録達成について「代打で10試合、10打席だったら難しいですよ。当たり前ですけどね。代打は4回に1回(がヒット)の感じだからねえ。それは分からないです。毎試合先発とは全然意味が違う」と言った。

 今季はここまで80試合に出場。先発した33試合は17試合でマルチ安打を記録し、打率は・350。一方、代打や守備での途中出場は47試合で打率・316(38打数12安打)だ。

 1本積み上げるごとに日米の注目度が高まっている。この状況を早く終わらせたい気持ちは?の問いに「1打席でヒット2本は打てない。そのことは変わらない。いつもヒットを打とうとしていることも変わらない。周りはいろいろ言うかもしれないけど、そのことで僕は何も変わってない。何回もこういうことを経験してきている。だから、それで僕が変わることはない」と話した。

最終更新:7月22日(金)13時53分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]