ここから本文です

藤原ここあ、360点以上の装画を収録した画業16年の軌跡を辿る画集

コミックナタリー 7月22日(金)13時15分配信

藤原ここあの画集が、本日7月22日に刊行された。

同書は2015年3月に逝去した藤原の、画業16年間の軌跡を辿る画集。代表作である「妖狐×僕SS」や、初の連載作「わたしの狼さん。」シリーズ、「dear」、短編集、「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」から、360点以上のカラフルな装画が集められた。そのほか「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」の複製下描き10枚も特別収録。専用収納BOX入りにて販売されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

(c)Cocoa Fujiwara/SQUARE ENIX

最終更新:7月22日(金)13時15分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。