ここから本文です

ロッテ・福浦が今季初安打 2000安打へ再発進

東スポWeb 7月22日(金)18時59分配信

 ロッテ・福浦和也内野手(40)が22日の楽天戦(コボスタ宮城)で「5番・一塁」で先発出場し、2回の第1打席で楽天先発の美馬学(29)から左翼線二塁打。これが今季初安打で、通算1913安打とし、2000安打にあと「87本」とした。

 今季は二軍暮らしが続き、13日にようやく今季初の一軍昇格。同日のソフトバンク戦に代打出場、18日の西武戦(西武プリンス)で先発出場したが、前日まで5打数ノーヒットだった。

 今季は広島・新井貴浩内野手(39)、阪神・福留孝介外野手(39)らが2000安打を達成(福留は日米通算)したが、これに続く達成者としては、中日・荒木雅博内野手(38)が1941本、福浦が1913安打としている。

最終更新:7月22日(金)18時59分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報