ここから本文です

日本上陸「Pokemon GO」を初プレイ 謎のポケストップが大量出現中? その正体は……

ITmedia ニュース 7月22日(金)13時11分配信

 7月22日、日本でスマートフォンゲーム「Pokemon GO」(iOS/Android)が公開された。現実世界でポケモンを探して遊べるこのゲームを、ポケモン初代世代(小学校低学年で赤・緑バージョンをプレイ)の記者がさっそく体験してみたので、ファーストインプレッションをお伝えしたい。

【画像】細かすぎるポケストップがたくさん

 まずは、Google PlayかApp Storeで「Pokemon GO」アプリを無料インストール。アプリを開くと米Niantic Labsとポケモン(企画会社)の名前が現れ、その後生年月日の入力欄が登場する。位置情報を扱うゲームだけに、この時にスマホのGPS機能をONにしていないとアラートが出るので要注意だ。

 生年月日を入力した後は、ログインに利用するアカウントサービスを選択する(記者の場合はGoogleアカウント)。これで準備はOK。いざ……

 ポケット モンスターの せかいへ! レッツ ゴー!

 最初のポケモンをゲットするとようやくニックネームを求められるが、ここではアルファベットと数字しか使えないので注意。さらに、ほかのプレイヤーとニックネームがかぶってはいけない仕組みらしく、好きな名前をなかなか付けられない点も注意が必要だ。記者の場合、いろいろなニックネームを試している間に、特にこだわりもない文字列が登録されてしまった。

 ところで、プレイを始めてからものの数分だが、スマホがだいぶ熱を持ち始めていることに気付く。記者の使用端末はソニーのXperia Z3 Compact(NTTドコモ2014年秋冬モデル)で、Androidのバージョンは5.0.2。IIJmioのSIMカードを挿して使っている。おそらく位置情報に常にアクセスしながらARモード(カメラで撮影した現実世界の風景を活用)で遊んでいるからだと思われるが、あまりスペックが高くない端末の場合は処理性能不足に気を付けたほうがいいかもしれない。

 さて、いよいよ街に繰り出そう。マップを見てみると、いくつかマークがある。近づくことでアイテムなどを入手できるスポット「ポケストップ」だ。これは、Nianticの位置情報ゲーム「Ingress」でいうところの「ポータル」に当たるようだ。

 ポケストップは、現実世界にあるモニュメントなどとひも付いている。記者の最寄り駅である阿佐ヶ谷駅に向かうと、「大漁の壁画 - FISH ART」というポケストップを発見。近付いてみたら、海鮮居酒屋チェーン「磯丸水産」の店舗デザインだった。

 こうした細かすぎるポケストップは、街のいたるところで確認できる。最初はどういう仕組みで取り入れているのか不明だったが、どうやらこれはIngressのポータルデータを流用しているようだ。日本のIngressプレイヤーたちが登録したポータルが、Pokemon GOの世界でも楽しめる……ということらしい。配信開始時からたくさんのポケストップを楽しめる点はこのゲームの魅力の1つだろう。

 駅に向かうと、初の野生のポケモンを発見。みずポケモンのヒトデマンだ。ポケモンに出くわすと自動でカメラが起動し、現実世界と重ねるARモードがONになるらしい。ヒトデマン目がけてモンスターボールを投げる。しかし……逃げられた! 無念……。

 しょんぼりしながら歩いていると、またまた駅付近でポケモンを発見。またしてもみずポケモンのコダックだ。これは未確認だが、雨の日だとみずポケモンが出やすい――といった仕組みもあるのかもしれない。モンスターボールを投げる、が、またも逃げられる。なにかコツなどがあるのだろうか。

 3匹目に出くわしたのは、ノーマルポケモンのコラッタ。初代「赤・緑」バージョンでも、主人公が初めてかその次くらいに出くわすポケモンだ。今度こそと張り切ってボールを投げると、今度はようやく捕まえられた。初の野生ポケモン、ゲットだぜ!

 あとは駅前にあるマクドナルド店舗に入店してみよう。Pokemon GOは日本で世界に先駆けて、マクドナルドとの公式コラボレーションを展開している。店舗が「ジム」になっており、自分が育てたポケモンでバトルを楽しめるというわけだ。バトルに勝利すれば、自分がそのジムのリーダーになることができる。

 しかし、まだプレイを初めて間もないため、レベル制限でジムに入ることはできなかった(ジム挑戦はレベル5から)。残念だが今回のファーストインプレッションはここまで。次回はジムでポケモンバトルに挑戦する様子をお伝えしたい。

最終更新:7月24日(日)19時13分

ITmedia ニュース