ここから本文です

マクドナルドが「ポケモンジム」に 「ポケモンGO」と連携

ITmedia ビジネスオンライン 7月22日(金)13時30分配信

 日本マクドナルドは7月22日、日本でも配信が始まった任天堂のスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)と連携したサービスを開始したと発表した。ゲーム上のマップに、国内のマクドナルド全店舗(約2900店舗)が、さまざまなアクションができる拠点として表示される。

【全ての画像を見る!】

 約400店舗が、他のユーザーのポケモンと対戦することができる「ジム」という拠点になり、残りの約2500店舗がゲーム内で使用する「モンスターボール」などの道具を得ることができる「ポケストップ」という拠点になる。同社は「マクドナルドに立ち寄るきっかけを増やす狙いがある」としている。

 「ポケモンGO」は、位置情報やAR(拡張現実)を活用したスマホ向けのゲーム。現実世界を舞台として、ユーザーが実際に外に出てポケモンを捕まえたり、他のユーザーと対戦したりすることができる。6日から配信が始まった米国ではスマホゲームの利用者数ランキングで歴代首位になるなど、社会現象になっている。

最終更新:7月22日(金)15時37分

ITmedia ビジネスオンライン