ここから本文です

クルマがドライバーの感情を理解する“相棒”に ソフトバンクとホンダ、AI技術を共同研究

ITmedia ニュース 7月22日(金)14時0分配信

 ソフトバンクは7月22日、本田技研工業(ホンダ)と共同で、AI技術「感情エンジン」をモビリティに応用する共同研究を開めると発表した。クルマが感情を持ち、ドライバーの“相棒”のようになることで、クルマへの愛着を深めてもらう狙い。

 感情エンジンは、ソフトバンク傘下のcocoro SBが開発した技術で、ロボット「Pepper」に搭載されている。各種センサー情報を活用することで擬似的な脳内分泌を定義し、クラウドでつながったAI上で感情を表現する。

 ホンダとの共同研究では、モビリティに搭載した各種センサー・カメラなどの情報や、音声対話を通じてドライバーの感情を推定。モビリティ自らも感情を持ち、ドライバーとコミュニケーションを図ったり、経験を共有して成長できるようにする。

 その結果、ドライバーにモビリティを友人や相棒のようにとらえてもらい、さらなる愛着を感じてもらうことを目指す。

最終更新:7月22日(金)14時0分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]