ここから本文です

米沢嘉博がホラーマンガ40年の歴史を読み解く「戦後怪奇マンガ史」単行本化

コミックナタリー 7月22日(金)13時52分配信

米沢嘉博による書籍「戦後怪奇マンガ史」が、本日7月22日に鉄人社から発売された。

本書は米沢が、1986年から1990年までホラーハウス(大陸書房)で連載していた「戦後怪奇マンガ史」「恐怖マンガの系譜」を書籍化したもの。戦後怪奇マンガの始まりに近いとされる手塚治虫「ロストワールド」から、つのだじろう「新うしろの百太郎」まで、約40年の流れを概観する。編者は赤田祐一が務め、巻末には想田四と成瀬正祐による解題および、怪奇マンガを多数出版してきたひばり書房の主要刊行物と作家・作品名のリストが収められた。

「戦後怪奇マンガ史」目次
〈第一部 戦後怪奇マンガ史〉
はじめに/前史/「こわいまんが」の出現と成立/水木しげると兎月書房/「怪奇探偵漫画」の台頭/怪奇時代劇と小島剛夕の人気/怪奇アクションシリーズ登場/小説と映画の静かな怪奇ブーム/貸本劇画の奇書、怪書、珍書

〈第二部 恐怖マンガの系譜〉
楳図かずお 恐怖の刻印/恐怖の完成/少年から少女へ少年誌発・妖怪ブームムロタニ・ツネ象・孤高の怪奇世界楳図かずおと古賀新一古賀新一・因果の舞台劇怪奇競作短編ブーム その1山田ミネコ 魔法少女の時間萩尾望都・吸血鬼幻想/怪奇からSFへ山岸凉子・「ゆうれい談」の登場/肉体・精神・霊/霊感少女の災難日野日出志・原色の風景/狂気の地獄絵手塚治虫・青年怪奇マンガへの挑戦/暗い時代の中で/闇の記憶としての恐怖山上たつひこ・悪意と恐怖とグロテスク池上遼一・不条理の風景諸星大二郎・日常にひそむ闇/SFの中の怪異永井豪・笑いから恐怖へ/恐怖からSFへ怪奇競作短編ブーム その2古典名作書き下ろしシリーズひばり書房の軌跡立風書房・レモンコミックスの作家たち美内すずえ・伝奇ロマンの語り手佐伯かよの・SFの中の恐怖里中満智子・愛に恐怖をわたなべまさこ・悪魔の少女たち/怪奇メロドラマへの道つのだじろう・マンガと心霊科学〈解題〉成瀬正祐/想田四〈資料〉ひばり書房 怪奇マンガ総目録(暫定版)

最終更新:7月22日(金)13時52分

コミックナタリー