ここから本文です

したコメ短編コンペ審査員決定、特別上映作品にジョン・ウー娘の監督作など

映画ナタリー 7月22日(金)14時5分配信

第9回したまちコメディ映画祭 in 台東が、9月16日から19日にかけて東京・上野と浅草で開催される。このたび、短編映像コンペティション部門「したまちコメディ大賞」の入選作品11本が決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

当日は審査員として、「エヴェレスト 神々の山嶺」の監督・平山秀幸、テレビ東京プロデューサーの五箇公貴、スタイリストの伊賀大介、映画祭の総合プロデューサー・いとうせいこうが参加。来場者とともにグランプリ、準グランプリ、観客賞を選定する。

また特別上映作品に、ジョン・ウーの娘アンジェルス・ウーの監督作「Nuts!」、俳優の田中要次が監督・脚本・編集を兼任し、フラワーカンパニーズのミスター小西を主演に迎えた「ドラムマンz バチがもたらす予期せぬ出来事」、劇団ヨーロッパ企画の中川晴樹監督・出演作「オトコノクニ」が選ばれた。

チケットや作品の詳細は公式サイトで確認しよう。

したまちコメディ大賞
2016年9月18日(日)東京都 雷5656会館 ときわホール開場 14:00 / 開演 14:30(予定)<上映作品>「iPhoneがバリバリ伝説」「悪魔ノ棲ム家」「エリンギ侍 女はこわいよの巻」「オカンロイド」「空気を読む。」「これでいい気がしてきた」「てんてんてん。」「ナポリタン」「なめくじ劇場 THE MOVIE 2016『再会』」「私以外の人」「ピノッキオ」(U-25特別枠作品)<審査員>平山秀幸 / 五箇公貴 / 伊賀大介 / いとうせいこう

最終更新:7月22日(金)14時5分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。