ここから本文です

高松商・植田が1試合3本塁打 大会史上初快挙で4強入り

デイリースポーツ 7月22日(金)15時19分配信

 「高校野球香川大会・準々決勝 高松商16-0丸亀」(22日、レクザムスタジアム)

【写真】3本目の本塁打となる2ランは右翼へ

 今春センバツ準優勝の高松商が、4番・植田響介捕手(3年)の大会史上初となる1試合3本塁打など、5本のアーチを放って16得点の圧勝。初戦から3試合連続のコールド勝ちで準決勝進出を決めた。

 4番・植田響は初回に右中間へ先制2ランを放つと、二回には1死一、二塁のチャンスで左翼芝生席に3ラン。さらに五回にも1死二塁から右翼越えに2ランをたたき込んだ。3安打7打点の植田響は「逆方向に強く打つことを意識したら、こういう結果が出た。人生で一番いい日になった」と喜んだ。

 また、三回には1番・安西翼外野手(3年)が3ラン、主将の3番・米麦圭造内野手(3年)が2試合連発となるソロ本塁打を放った。

最終更新:7月22日(金)18時46分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。