ここから本文です

「からかい上手の高木さん」猫をめぐって攻防?読み切りが月刊ねこだのみに

コミックナタリー 7月22日(金)14時58分配信

山本崇一朗「からかい上手の高木さん」の読み切りが、本日7月22日発売の月刊ねこだのみ8号(小学館)に掲載されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「からかい上手の高木さん」は、思わせぶりな女子中学生の高木さんに翻弄される男子・西片くんの受難を描いた青春コメディ。読み切り「ネコ」では猫を撫でたい西片くんと、そんな彼を翻弄する高木さんとの攻防が描かれている。

そのほか今号には環方このみ、犬上すくね、横山キムチの描き下ろし読み切りも登場。また石坂啓、美里あづさ、IKARING、ほりのぶゆきによる描き下ろしの連載も収録されている。

最終更新:7月22日(金)14時58分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。