ここから本文です

【中京記念】ピークトラム小牧太が絶好調宣言「デキすぎやわ」

東スポWeb 7月22日(金)21時27分配信

【中京記念(日曜=24日、中京芝1600メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも。少し古い話で恐縮ですが、実は先々週のプロキオンSで◎○▲の完全的中を決めた稲富菜穂です。いやぁ、予想がバシッと決まると気持ちのいいものですねぇ(配当少なかったけど)。しばらくは自分に酔ってたもんなぁ(配当少なかったけど)。金曜の夜には万馬券を取る夢を見たし、先週も当たる予感しかしなかったのですが、結果のほうは散々…。ひとつも当たらないなんて! 人生、そううまくはいかないものです(配当高かったもん、って簡単に見すぎや)。

 それにしても今開催の中京の芝のレースって難しくないですか? あの武豊騎手をして「馬場が荒れているのに、速い時計が出ているんだよね。よくわからないなあ」と。稲富ごときにジャッジできるわけがありません! ちなみに騎乗するダノンリバティは「この馬は時計がかかったほうがいいと思う」とのことですが、そのコメントをどうジャッジしていいのか…。ホント、難しい。

 この中京開催で勝ちまくっているのがミルコ・デムーロ騎手。この方にも話を聞いておかなくちゃいけませんね! 騎乗馬はタガノエスプレッソ。前走で同じ中京芝1600メートルの豊明Sを勝っているんですが、このレースは開幕週だったんだよなあ。悩む。というわけで「どんな馬場が合っている馬なんですか?」って質問に対する答えが「勝ったときと同じくらいがいい。雨が降ったら? また考える」。

 またまた難しいって思ってたら、中京の芝に不安を感じていない陣営が現れてくれました。ピークトラムを管理する橋口調教師です。

「今は馬が充実している。パワーがついているし、重い馬場でもこなせるタイプ。中京も大丈夫ですよ」

 おおっ、これは心強い! そんな私にさらなる援軍が。「調子がいいよ。馬だけじゃなく、人のほうもね」と自ら絶好調宣言を放り込んできた小牧太騎手です。

「前はボーッとしていた馬やったけど、最近はしっかりしてきた。特に調教やね。うなっていくし、後ろで我慢するのがしんどいくらい。デキすぎやわ」
 わぉ! 人馬ともに調子がいいんですね。中京記念って意外に簡単?

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。

最終更新:7月22日(金)21時27分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ