ここから本文です

専大松戸、連覇逃す 主砲・丸茂「悔いはない」

デイリースポーツ 7月22日(金)15時22分配信

 「高校野球・千葉大会5回戦、木更津総合4-3専大松戸」(22日・千葉県野球場)

 昨年優勝の専大松戸が逆転負けを喫し、連覇を逃した。

 3番・丸茂弘汰内野手(3年)は2安打2打点。初回に先制の左前適時打を放つと、2点を追う六回には、逆方向に高校通算30号となる右越えソロを運んだ。

 活躍も及ばず敗れたが、力を出し切った主砲は「悔いはないです。今日の試合はずっと楽しくできた」と晴れ晴れ。「特に(相手エースの)早川とは楽しかった。『絶対に甲子園に行って優勝してくれ』と言いました」と、ライバルとの勝負を満喫した様子だった。

 持丸修一監督も「よくやってくれた。死ぬ思いで練習をやったと思う。打つことに関しては、去年に負けていなかった。それを早川君が少し上回ったということ」と、全国でも指折りの左腕に食らいついたナインの粘りをたたえた。

最終更新:7月22日(金)15時25分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。