ここから本文です

NVIDIA、“究極の”グラフィックスカード新TITAN Xを約13万円で8月2日発売へ

ITmedia ニュース 7月22日(金)15時35分配信

 グラフィックスエンジン専業メーカーの米NVIDIAは7月21日(現地時間)、同社のフラッグシップグラフィックスカード、新「TITAN X」を発表した。欧米の自社サイトで8月2日に発売する。価格は1200ドル(約13万円)。アジアでも間もなく発売するとしている。

TITAN Xの主な仕様

 同社は6月にハイエンドのグラフィックスカード「GeForce GTX1080(テンエイティー)」を発表したばかり。同社は「GTX1080(のスペック)は無謀だが、TITAN Xはもっと無謀だ」としている。

 GTX1080と同じ新世代アーキテクチャ「Pascal」を採用する同カードの主な仕様は以下の通り。

 1.5GHzのNVIDIA CUDAを3584個、GDDR5Xメモリを12GB搭載し、処理速度は11TFLOPS。先代のTITAN Xより60%高速化したとしている。

最終更新:7月22日(金)15時35分

ITmedia ニュース