ここから本文です

X-MEN新キャラクター特別映像が解禁! イケメンミュータントが生体金属製の翼で大地を死で覆い尽くす

ねとらぼ 7月22日(金)15時50分配信

 世界中でヒットを続け、今なお人気の衰えない「X-MEN」シリーズ。その最新作「X-MEN:アポカリプス」に登場するキャラクター“エンジェル”の特別映像が、8月11日の劇場公開を前に解禁されました。

【エンジェルについて語るベン・ハーディ】

 公開された映像では、イギリス新人俳優ベン・ハーディが、自らの演じる“黙示録の四騎士”の1人・エンジェルについて語るもの。ハーディが「エンジェルは大地を死で覆い尽くす」と説明するように、映像冒頭の宙を舞いながらX-MENたちを襲うカットや、巨大なメタリックの翼など、迫力ある強さが印象に残る映像となっています。

 最強ミュータントである“アポカリプス”が堕落した人類を正すため、黙示録の四騎士と呼ばれる4人のミュータントを召集し地球滅亡を企てる同作。中でもエンジェルは、アポカリプスの仲間になる最後のミュータントであり、俊敏さと反射能力、翼から投射物を発射する攻撃能力、飛行能力を持つキャラクターです。ナイトクローラーとの戦いで失った翼を生体金属製として再生してもらったことをきっかけに、アポカリプスに忠誠を誓い、黙示録の四騎士の1人として地球滅亡へと力を発揮していきます。

 役を演じたハーディは、BBCのテレビドラマシリーズ「EastEnders」で一躍注目を集めた気鋭の俳優ですが、長編映画は「X-MEN:アポカリプス」が初。「できるだけ超人に見えるように」と週に6日間はトレーニングを行い、厳しいダイエットを実行してその肉体美に磨きをかけるなど、過酷な役作りを行いました。その肉体美から繰り出される超人的なキャラクターの活躍も見逃せませんね。

 また、公開前日となる8月10日には、TOHOシネマズ六本木ヒルズで「X-MEN」トリロジー3作品の一気見上映が決定しています。チケットは8月3日の深夜0時発売。

 さらに、公開日の8月11日からは入場者プレゼントとして、トリロジー第2作「X-MEN:フューチャー&パスト」がデジタル配信で観られる「X-MEN:アポカリプス」“プレミアムカード”が全国先着30万人にプレゼントされます。

最終更新:7月22日(金)15時50分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。