ここから本文です

水素が出る入浴剤、国民生活センターが「やけどのおそれがある」として注意喚起

ねとらぼ 7月22日(金)15時53分配信

 国民生活センターは7月21日、水素を発生するというパック型入浴剤について、使い方によってはやけどのおそれがあるとして注意を呼びかけています。

【水素が出る入浴剤】

 発表によると、7歳の女児がその入浴剤を湯に落としてしまい、慌てて手ですくい上げたところ、第II度の熱傷(真皮上層までのやけど)を負うという事故情報が寄せられたとのこと。また、2011年度から2016年5月末の5年間あまりに、けがをしたという事例が7件、けがをするおそれがあったものが1件確認されているとのことです。

 調査では、パック型のものをケースにセットして使用するタイプの入浴剤(パック型入浴剤)について、湯につけるとすぐに入浴剤の表面が 90度程度の高温になり、その状態が長いものでは約3分間持続することを確認。高温になる旨の注意表示は、調査した全銘柄の商品パッケージや取扱説明書でみられたが、入浴剤本体やケースにはみられなかったとのこと。

 また、寄せられた事故内容のように湯に入れて直ちに取り出した場合では、入浴剤表面から高温の蒸気が発生。入浴剤本体に直接触れなくても、やけどを負ってしまう可能性があるとしています。その際、ケース表面付近の温度は最高で80℃程度。蒸気は湯から取り出して数分間で収まるものの、再度湯につけて取り出すと同様に高温の蒸気が発生するということです。

 国民生活センターは事業者へ改善の要望を出すと共に、消費者に対して使用時は直接入浴剤に触れないよう、また入れた直後は取り出さないようにとアドバイスしています。

最終更新:7月22日(金)15時53分

ねとらぼ