ここから本文です

山本リンダ 甲子園の定番「狙いうち」に感謝

デイリースポーツ 7月22日(金)17時40分配信

 歌手・山本リンダが22日、TOKYO MX「5時に夢中!」に出演。代表曲「狙いうち」が高校野球のブラスバンドで演奏される楽曲1位となり、夏の甲子園などでも定番の応援曲となっていることに「ありがとうございます」と色っぽく感謝した。

 「狙いうち」は73年発売のシングル。作詞を阿久悠氏、作曲を都倉俊一氏という昭和を代表するヒットメーカーが手がけた。

 MCのふかわりょうから「甲子園ってやっぱり高揚感あります?」と質問され、山本は「あります。もうね、テレビ見てても『あ、かかった!』って(ドキドキ)。どっか別の場所にいても(テレビの前に戻ってきて)あー、どこ(の学校)だろう、って」と自身の楽曲がかかるたび、テレビの前で興奮を抑えきれないことを伝えた。

 とはいえ、若い世代は「狙いうち=山本リンダ」と知らずに演奏し、口ずさんでいる可能性も指摘されると、「そうかもしれないですね」と相づちをうち、「今の子たちは分かんないで見てるかもしれないけど、『私が歌ってるのよ…』」とテレビカメラに向かい、御年60ン歳とは思えぬチャーミングな色っぽさで訴えていた。

最終更新:7月22日(金)17時56分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。