ここから本文です

鬼沢信子が単独首位に浮上 通算6アンダー

デイリースポーツ 7月22日(金)17時48分配信

 「女子シニアゴルフ・レジェンズ選手権アイザックカップ・第2日」(22日、小杉CC=パー72)

 7回目を迎える女子シニア公式戦は2日目を終え、首位タイスタートの鬼沢信子(46)=フリー=がこの日4アンダー、通算6アンダーで単独の首位に。

 出だしで「ティーショットが左に行って、レギュラーツアーのメジャー級のラフにつかまって」ボギーとした鬼沢。これを教訓に「気持ちもフラットになって」そこから5バーディーとスコアを伸ばした。

 23日の最終ラウンドはCS「スカイA」での放送があり、解説は文字通りレジェンドの樋口久子LPGA相談役と岡本綾子の2人という超豪華メンバーだ。

 鬼沢は「それを知ったこともモチベーションの一つ。頭の先からつま先まで解説して欲しい。“まな板の上の信子”になります」と、幸せを感じながら最終日、独走Vを目指す。

最終更新:7月22日(金)18時15分

デイリースポーツ