ここから本文です

Zeebra「SUMMER BOMB」野音にAK-69、RINO、般若、KANDYTOWNら

音楽ナタリー 7月22日(金)17時0分配信

8月21日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催されるZeebraプロデュースのライブイベント「SUMMER BOMB」の、出演アーティストが追加発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今回追加されたのはAK-69、RINO LATINA IIの2組。現時点でZeebra、般若、Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)、EGO、Jinmenusagi、KANDYTOWN、BAD HOP、サイプレス上野とロベルト吉野、Y'S、CHICO CARLITOも発表されており、合計12組の出演が決定した。

チケット先行受付は7月25日23:00まで実施中。一般発売は7月30日10:00から行われる。

SUMMER BOMB 2016 produced by Zeebra
2016年8月21日(日)東京都 日比谷野外大音楽堂<出演者>AK-69 / RINO LATINA II / Zeebra / 般若 / Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) / EGO / Jinmenusagi / KANDYTOWN / BAD HOP / サイプレス上野とロベルト吉野 / Y'S / CHICO CARLITO / and more

最終更新:7月22日(金)17時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。