ここから本文です

BABYMETALとロブ・ハルフォードのコラボライブ実現「今度はもっとロングタイムで」

音楽ナタリー 7月22日(金)17時48分配信

BABYMETALがアメリカ・オハイオ州で現地時間7月18日に開催された、音楽誌「Alternative Press」主催のアワード「AP Music Awards」に出演。“メタルゴッド”の異名を持つJudas Priestのボーカル、ロブ・ハルフォードとのコラボステージを披露した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

まずはBABYMETALのみでのライブが行われ、彼女たちは大歓声を浴びながら神バンドを従えて「KARATE」を披露。演奏が終わると“メタルゴッドとフォックスゴッド”の共演を予告する映像が流れ、会場の期待感が高まる中でロブとのコラボステージがスタートした。

ロブとSU-METALはお互い向かい合ってJudas Priestの「Painkiller」をハイトーンボイスで歌い上げ、続く「Breaking The Law」ではSU-METALが“スペシャルギタリスト”としてYUIMETALとMOAMETALをステージに呼び込んだ。YUIMETALとMOAMETALがギターを構えてパフォーマンスする中、SU-METALは迫力ある歌声を響かせた。

今回のコラボについてSU-METALは「ずっと憧れていたロブさんと、まさか出会って1年後にコラボレーションできるなんてまったく想像してなかったので、夢じゃなくて本当に一緒のステージに立って歌うことができてとても嬉しかったDEATH!」とコメント。MOAMETALは「一瞬すぎて夢だったんじゃないかと思うくらいあっという間でした!」、YUIMETALは「ライブが終わったあとに、今度はもっとロングタイムでコラボしようと言ってくださったので、ぜひ実現したいDEATH!」とそれぞれ語った。

最終更新:7月22日(金)17時48分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。