ここから本文です

京都翔英のドカベン・石原、2安打2打点も走塁で反省

デイリースポーツ 7月22日(金)19時42分配信

 「高校野球京都大会・準々決勝、京都翔英9-0京都文教」(22日、わかさスタジアム京都)

 京都翔英が4番・石原彪捕手(3年)の2安打2打点の活躍などで七回コールド勝ちし、3年ぶりの4強に進出した。

 鋭い打球が左翼フェンスを直撃した。7-0の六回、2死三塁のチャンスで左越え適時二塁打。しかし、大きな体をゆすって二塁に達した石原は渋い表情で首をかしげた。「打った瞬間、スタンドに入ったと思ったので流して走ったら二塁打だった。もっとしっかり走っていたら、次の塁を狙えたのに」

 172センチ、88キロの“ドカベン”体形ながら、50メートル6秒フラットの俊足。三塁打も狙える当たりだっただけに、二塁どまりに反省した。「ベンチでも『惜しかったな』と『もっと走っとけよ』の両方の声があった。次からはしっかり走ります」と苦笑いした。

 それでも、三回以降3イニング無得点だった打線に新たな流れをつける適時打。「あそこで打てたのは大きい」と自賛した。

 準決勝の相手は、同じ宇治市内に学校がある立命館宇治。「打撃はまだ完璧ではなくて、待ちきれずに三塁ゴロもあった。準決勝まで1日空くので、もう一度フォームを修正し直したい」と表情を引き締めた。

最終更新:7月23日(土)15時14分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)