ここから本文です

KOHHがフジロックのステージで新作リリース告知、自伝本や地元凱旋ライブも

音楽ナタリー 7月22日(金)18時38分配信

KOHHがスマートフォン用アプリ「plz - Parallelz」を使用し、自伝本や新作アルバム、ベスト盤的なミックスCD、地元・東京都北区王子での凱旋ライブのチケットなどを販売することが明らかになった。アプリはAndroid版はすでに配信がスタートしており、iOSでも後ほど配信される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この情報は、新潟・湯沢町苗場スキー場にて開催中の野外フェス「FUJI ROCK FESTIVAL '16」で本日7月22日のWHITE STAGEに出演したKOHHが、そのライブ中のMCで発表したもの。自伝本は「A Story Behind The Film of『LIVING LEGEND』」というタイトルで、ホスト時代の話や楽曲の制作秘話、周囲を取り巻くドラッグの環境、そして仲間との決別など、デビュー前から2015年までの実話に基づいた物語が描かれている。アプリ内では毎週タイムラインで各話を配信。最後に本として購入者のもとに届く仕組みになっている。

新作アルバムは「A Story Behind The Film of『LIVING LEGEND』」のサウンドトラック。これまでさまざまな理由によりリリースできなかった楽曲や過去のデモ音源など、デビュー前から2015年までの未発表曲を中心とした作品となっている。ミックスCDのタイトルは「KOHH - BEST MIX 2012-2015」。この作品にはデビュー時から2015年までの楽曲が厳選収録される。

このほか、最新アルバム「DIRT II」のアートワークを手がけた韓国のアーティスト・Art Dealerの描き下ろしによるグラフィックTシャツや、過去に発表されたフリーミックステープ「住まいは川沿 1」「住まいは川沿 2」のCD盤2枚セットも販売される。凱旋ライブは「LIVE IN OJI」と題して、12月18日に東京・北とぴあ さくらホールで開催される。

KOHH「LIVE IN OJI」
2016年12月18日(日)東京都 北とぴあ さくらホール<出演者>KOHH

最終更新:7月22日(金)18時38分

音楽ナタリー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。