ここから本文です

こっち見んな! 上野動物園公式Twitterが謎のハシビロコウ祭を展開

ねとらぼ 7月22日(金)23時31分配信

 上野動物園(東京都台東区)の公式Twitterがハシビロコウの写真を連投し、鳥クラスタなどの注目を集めていました。

【驚異のハシビロコウ連投】

 動かない鳥として知られ、そのただならぬ風格からネットでは「さん付け」で呼ばれることが多いハシビロコウ。同園の公式Twitterでは7月16日に「開園しました」として立ち姿を投稿。ツイート内容とはあまり関係なさそうですが、とにかく写っているだけで迫力があります。

 すると、どういうわけか翌日から連続してハシビロコウが登場。じゅうきゅ……19日!? 20日……21日……バカな……まさか……ま……まだ続いている……!

 一体なぜハシビロコウ祭りが! 担当者にお話を伺ったところ、同園では現在、公式サイトが不正アクセスにより公開停止となっている状況にあることから、1つの試みとしてやってみたとのこと。そこまで深い意味はないそうですが、結果的に出来上がったシュールな光景を楽しんだフォロワーは多いようです。これからも斬新なTwitter運用に期待したいですね。

最終更新:7月22日(金)23時31分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]