ここから本文です

【MLB】前田を代打で起用 ドジャース、無敗のS.ストラスバーグを攻略

ISM 7月22日(金)12時30分配信

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が現地21日、敵地で行われたワシントン・ナショナルズ戦の9回に代打で登場。空振り三振に倒れ、1打数ノーヒットだった。ドジャースは6対3で勝利。

 ドジャースは、初回にジャスティン・ターナー三塁手の16号2ランで先制。2対1で迎えた3回には、ターナーの17号3ランなどで4点を追加すると、その後は先発フリオ・ウリアスら8投手の細かい継投でナショナルズの反撃を2点にとどめ、逃げ切り勝ちを収めた。

 ターナーは2安打、5打点、1四球の活躍。エイドリアン・ゴンザレス一塁手も2安打、1打点で貢献した。また、7番手として登板したアダム・リベレーター投手が今季2勝目(0敗)、抑えのケンリー・ジャンセン投手が28セーブ目を挙げた。

 この日、今季負けなしだったナショナルズのエース右腕スティーブン・ストラスバーグ投手に初黒星(13勝1敗)をつけたドジャース。デーブ・ロバーツ監督は「選手たちは良いゲームプランを持っていた。ストラスバーグを早くから攻め立て、数本のホームランをお見舞いした」と、打線を称賛した。(STATS-AP)

最終更新:7月22日(金)12時30分

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)