ここから本文です

『青空エール』原作者が涙 whiteeeen 新曲MVは映画名場面で構成

オリコン 7月22日(金)7時0分配信

 全員10代の4人組女性ボーカルユニット・whiteeeenが22日、GReeeeNの2008年の大ヒット曲「キセキ」をカバーしたニューシングル「キセキ~未来へ~」(8月17日発売)のミュージックビデオ(MV)を公開した。同曲は土屋太鳳主演映画『青空エール』(8月20日公開、三木孝浩監督)の主題歌に起用されていることから、MVは全編映画の名場面で構成。初出し映像もふんだんに盛り込まれた。

【動画】映画『青空エール』名場面で構成 「キセキ~未来へ~」MV

 映画は、累計発行部数365万部を突破した人気漫画『青空エール』を実写化したもの。トランペット初心者ながら吹奏楽の名門校に入学した主人公・小野つばさ(土屋)が、同級生で野球部部員の山田大介(竹内涼真)と出会い、励まし合いながら甲子園を目指す。主題歌は、映画製作サイドが「GReeeeNの名曲『キセキ』を、ヒロインの気持ちに寄り添う形で女性ボーカルに歌ってもらいたい」と熱望し、GReeeeNの妹分として昨年3月にデビューしたwhiteeeenにオファーした。

 きょう公開された「キセキ~未来へ」ミュージックビデオ映画『青空エール』バージョンは、土屋と竹内の涙、吹奏楽部顧問役を演じる上野樹里が指揮棒を振るシーンなど名シーンを惜しみなく使用。原作の漫画家・河原和音氏は「きれいな声でさわやか切ない気持ちになります。whiteeeenさんの『キセキ~未来へ~』とともに場面映像が流れるMV映画ver.は本当によかったです。サビの盛り上がりで泣きました」と映像と主題歌が生み出す相乗効果に感激していた。

最終更新:7月22日(金)16時51分

オリコン