ここから本文です

阿川佐和子、亜土ちゃんコスプレで“両手お絵描き”挑戦

オリコン 7月22日(金)6時0分配信

 エッセイストでタレントの阿川佐和子が司会を務めるMBS・TBS系『サワコの朝』(毎週土曜 前7:30)。「サワコの服」も注目される同番組だが、23日の放送回で阿川は、ゲストのイラストレーター・水森亜土氏とおそろいの衣装で登場し、歌いながら両手で絵を描く“お絵描きパフォーマンス”も披露する。「サワコのお絵かき」の出来栄えは?

どんな服も上品に着こなす普段の「サワコの服」

 水森氏は、1965年に放送開始したNHK教育テレビ(現・Eテレ)の『たのしいきょうしつ』で、“歌を歌いながら両手でイラストを描き上げる”というパフォーマンスが話題となり一躍有名になった。彼女が描く独特な2頭身キャラは、さまざまなグッズに起用されるほどの人気を集め、50年近く経ったいまも愛され続けている。

 今回、水森氏たっての希望で、同じ衣装を着ることになった阿川。お絵描き道具がたくさんしまえるポケットつきのサロペットと、トレードマークの帽子は、水森氏自ら用意したものだ。阿川のお絵描きパフォーマンスの出来も良く、「お主やるなぁ…」「うまい!」と水森氏も絶賛。「これから同じ衣装を着てコンビで出ましょうか!?」と、収録は大いに盛り上った。

 水森氏は『たのしいきょうしつ』のオーディション秘話を語るほか、“記憶の中で今もきらめく1曲”として、ジャンゴ・ラインハルトの「ヌアージュ」を選曲し、生まれ育った東京・日本橋の街との思い出を振り返る。

最終更新:7月22日(金)6時0分

オリコン