ここから本文です

EXILE NAOTO、単独初主演ドラマの裏側は? メイキング映像の一部公開

オリコン 7月22日(金)13時20分配信

 EXILE NAOTOが本人役で単独初主演した連続ドラマ『ナイトヒーローNAOTO』。4月期にテレビ東京系ドラマ24枠で放送された同ドラマは、リアルとフィクションが入り混じったユニークな構成になっていたが、一体どのように制作されたのか。その裏側がわかるメイキング映像の一部が公開された。

NAOTOの撮り下ろしインタビューを追加した先出し映像

 同ドラマは、今年1月からちょうど50日間にわたって撮影。クランクインからクランクアップまで、ナイトヒーロー“ソウルマン”として活躍したドラマパートも、パフォーマーとしてのリアルなNAOTOを追ったドキュメンタリーパートも、メイキング用のカメラを回し続け、本編では見られない貴重な映像を余すところなく収録。

 パフォーマーとしてアクションにもこだわりたいというNAOTOたっての希望で、吹き替えなしを貫いたドラマパートでは、特に「パルクール」というアクロバティックな動きで街中を走り抜けていくダンスカルチャーを戦いの中に取り入れ、全く新しい殺陣シーンを作り上げていった過程が見どころ。

 最終回、ソウルマンが6人の男に囲まれてからの68秒に及ぶバトルシーンが、雨降る寒さの中、温水をバケツごとかけて体を温めながら撮影が行われていたことや、約30手にも及ぶアクションが1カットで撮影されていたことなどを知った上で改めて本編を見直すと、また一段と魅力的に見えるに違いない。

 壮絶なアクションシーンとは対照的に、撮影の合間で見せるEXILEメンバーとのやり取りや、子どもたちと無邪気に遊ぶ姿など、NAOTOの素顔も見ることができる、見どころ満載の特別映像となっている。

今回、公開された映像は、この68秒のノーカットシーンの一部や、三代目 J Soul Brothersのメンバーでドラマにも重要な役どころで出演した小林直己との2ショット、ヒロイン役の黒島結菜との掛け合いのシーン、そして特典映像には含まれない撮り下ろしのNAOTOのインタビューを追加して約2分にまとめたもの。

 撮り下ろしインタビューでNAOTOは、連ドラ初主演は「めちゃくちゃうれしかった」と語り、「演じてはいけない」という演出からの指示に「素すぎてもお話自体はフィクションとして進んでいくわけなのでそこに沿っていなければいけない、そのバランス感は自分の中で迷いつつ探りながらやらせていただきました」と明かしている。

 メイキングドキュメンタリー「メイキング オブ ナイトヒーロー」は、9月14日発売のBlu-ray&DVD BOXの映像特典として収録される。

最終更新:7月25日(月)17時28分

オリコン