ここから本文です

【NBA】NBAが2017年オールスター開催地を変更、LGBT差別法に反発

ISM 7月22日(金)14時35分配信

 NBAは現地21日、ノースカロライナ州の性的少数者(LGBT)への差別的な法律に反対の姿勢を示し、2017年オールスターゲーム開催地を同州シャーロットから変更すると発表した。

 今年3月に成立したノースカロライナ州の法律では、トランスジェンターの人々に対し、出生証明書に記載された性別の公衆トイレの使用を義務付けている。NBAは当初から同法に反発し、見直しを希望していた。

 NBAは、LGBT差別法により「シャーロットが、オールスターの祭典を成功させられる環境であると信じることができない」と声明を発表。また、代わりの開催地については近いうちに決定するとし、問題が改善されれば、2019年の開催地としてあらためてシャーロットを指名することも検討すると述べた。

 シャーロット・ホーネッツのマイケル・ジョーダン・オーナーは、NBAの判断は理解できるとコメントし、「関係者すべてが最善を尽くし、オールスターの開催地をシャーロットにとどめようとしたが、叶わなくて残念に思う」と語った。なお、シャーロットはオールスターの経済効果として、約1億ドル(約105億8,000万円)を見込んでいたという。(STATS-AP)

最終更新:7月22日(金)14時35分

ISM