ここから本文です

松岡修造、熱血応援ソングで歌手デビュー 先着5万名に無料配信

オリコン 7月22日(金)13時0分配信

 スポーツキャスターの松岡修造が、歌手デビューすることが22日、明らかになった。自身が出演するウェブ動画「C.C.レモンマーチ2016」を、より歌として楽しめるメロディー構成にした楽曲で、作詞も自ら手がけた松岡は「ぜひとも『誰かのために』、『自分のために』歌って元気を伝えてください!」と熱く呼びかけている。

【画像】元気! 修造が監督したMVが公開

 動画は松岡が主演・監督を務め、メッセージや歌やダンスで「見た人に元気になってもらおう」という作品で、今月7日に公開されYoutubeでの累計再生数は100万回を突破。好評の声が相次ぎ、楽曲としての配信が決定した。

 松岡は「この度、自称『応援プレイヤー』松岡修造が、歌手デビューすることになりました!」と熱血アピール。自分に自信が持てない人や気持ちが弱い人など、元気の無い人たちに向け「とにかく皆さん、歌う時は本気で歌ってください。歌って『心を青空』に変えようよ!僕には見えるよ、皆の笑顔、元気がいっぱいになる姿が!」と語りかけている。

 また、カラオケを歌う時の心得として「中途半端な思いで歌わない!(何となくでは元気になれない)」、「修造に熱さで負けるな!(もっともっと熱くなれ!気持ちいいぞ)」、「上を向いて歌おう!(下には弱い心のダークサイドがウヨウヨいるぞ)」と、独特かつ優しさが伝わってくるアドバイスを送っている。

 楽曲は22日より音楽配信サイト「レコチョク」で先着5万人に無料配信(無料後は税込162円で有料配信予定)。29日からカラオケ「JOYSOUND」でも配信される。

最終更新:7月22日(金)13時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。