ここから本文です

高橋みなみ、ボランティアにサプライズ登場 福島の仮設住宅を訪問

オリコン 7月22日(金)19時37分配信

 元AKB48の高橋みなみ(25)が22日、福島・相馬市で行われた『RockCorps(ロックコープス)supported by JT 2016』のボランティア活動にサプライズ登場。一般参加のボランティア23名とともに現地の仮設住宅で清掃作業などを行った。

【動画】たかみな、仮設住宅に笑顔のアート咲かす

 2003年に米国で生まれた同プロジェクトは「4時間のボランティア活動をすると、アーティストの音楽イベント(セレブレーション)に参加できる」というシンプルな仕組みで、人々に社会貢献への参加を促すプロジェクト。日本で3回目の開催となる今年は、公式アンバサダーに高橋を迎え、東北と首都圏を中心に各地でボランティアを実施。プロジェクトの締めくくりとなるライブイベントは9月3日に福島・あづま総合体育館で行われ、カーリー・レイ・ジェプセン、ASIAN KANG-FU GENERATION、HY、Aqua Timezが出演予定。

 この日高橋が向かったのは、震災後に全町全村が避難を強いられている浪江町民が住む仮設住宅。現地の参加者たちと対面し「RockCorpsをきっかけに笑顔の輪とボランティアの輪を広げていきましょう!」とあいさつで呼びかけると、幼い頃から得意だったという除草作業にさっそく精を出す。虫を怖がる草食系男子(?)には「男の子なら怖がらないでよ~!」と喝を入れる一幕も見られた。

 また、この日を思い出し元気になってもらいたいという思いから、参加者とともに住居の壁に絵を描く作業にも臨んだ。仮設住宅に住む方たちともふれ合った高橋は、「ボランティアが楽しいということを、ぜひ皆さんの周りでも広げて欲しい」と参加者へメッセージを送り、ボランティアを締めくくった。

 活動を終え感想を問われると「ボランティアをしたいと思っていても手を伸ばしづらかった方々が“音楽”をきっかけに参加することができるのはとても良いと思います」と『RockCorps』の理念に共感。9月3日の“セレブレーション”に向けては「もしかすると、アーティストとしてステージに立つかもしれないので、頑張ります!」と気合十分に語っていた。

最終更新:7月23日(土)16時46分

オリコン