ここから本文です

スピルバーグ新作『BFG』優しい巨人の正体は“夢の配達人”

オリコン 7月22日(金)18時0分配信

 映画界の巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が、ディズニーとタッグを組んだファンタジー映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(9月17日公開)の本編映像が22日、解禁された。

【動画】『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』本編映像

 同作は、『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダール氏の小説『オ・ヤサシ巨人BFG』を実写化。好奇心旺盛な少女ソフィーと“優しい巨人”BFGが出会い、2人の友情を描く物語。

 今回解禁された映像の舞台は、ロンドンの児童養護施設で暮らしていたソフィーが連れてこられた「巨人の国」にある、BFGの秘密の部屋。BFGは“夢の配達人”で、夢を調合して思い通りの夢を創り出し、眠っている人間の子どもたちに吹き込んですてきな夢を見せてあげていた。

 秘密の部屋は仕事場であり、あちこちで色とりどりの輝きを放つのは、BFGが調合のために捕まえてきたドリーム・ジャー(瓶)に詰められた夢の数々。幻想的で美しい空間に、大きな手の平に小さなソフィーを乗せたBFGが登場する、ファンタジーらしさ満点のシーンとなっている。

 その後、仕事についてこようとするソフィーに向けるBFGの笑顔など、2人のほほ笑ましいやり取りも繰り広げられる。

 スピルバーグ監督作『ブリッジ・オブ・スパイ』でオスカーに輝いたマーク・ライランスがBFGを演じ、繊細かつ豊かな表情の演技、言い間違いを含む独特な話し方によって愛すべきキャラクターに仕上げた。ソフィー役は、スピルバーグ監督から「彼女が特別な“何か”を持っているのは一目瞭然だった」と絶賛された新人のルビー・バーンヒルが抜てきされた。

最終更新:7月22日(金)18時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。