ここから本文です

中村獅童、映画出演も出番一瞬で嘆き「複雑な気持ち」 全身タイツ姿を披露

オリコン 7月24日(日)19時0分配信

 歌舞伎俳優の中村獅童、宮藤官九郎監督が24日、都内で行われた映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』鬼ヒット御礼トークイベントに出席した。同作に“がまん汁”役として登場している中村。しかし、出演時間が一瞬なうえに、せりふも短く「中村獅童はどこに出演していたのか?」とファンの間で話題に。本人も「4日前に新宿でお金を払って妻と映画を観たけど、とても複雑な気持ちになった。もう少し出番長いのかなと思った」と苦笑いで嘆いた。

【写真】地獄ケーキに興味津々のクドカン

 この日は役柄を意識して、顔面白塗りに全身タイツという出で立ちで登場した。全身タイツで登壇することを事前に聞かされていなかった宮藤監督は、中村が姿を現すなり大爆笑。全身タイツは中村自らの希望だったようで「初めて着た。妻がネットで買いました。下はTバックですが、スケスケで汚いから(腰に)Tシャツを巻いています!」と明かし、会場を笑わせた。

 宮藤監督は「中村さんのほかに思いつかなかった」といい、中村も「奥さんは宮藤さんのファンだったので出演を喜んでいたけど、役名を聞いたら苦笑いだった」と振り返り、「がまん汁役は一生に何度もできないので、非常にうれしかった。役作りは透明感を大事にした」と真面目に答えた。さらに「昔、宮藤くんが『いつか獅童くんの主役の映画が撮りたい』と言っていたので、今は役者として我慢しどころ」と同役と引き換えに、主役映画製作をチラつかせた。

 それを聞いた宮藤監督は「主役やろうって確かに言った」と認め、全身タイツ姿の中村を横目に「今すごく申し訳ない気持ち。こんなに申し訳ない気持ちは初めて。いつかやりましょう!」と約束していた。

 イベント終盤、報道陣による写真撮影が行われたが、中村の鶴の一声で観客も写真撮影が可能に。全身タイツで満面の笑みを見せ、退場時には手を降って声援に応えるなどサービス精神旺盛に対応した。

最終更新:7月24日(日)19時5分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。