ここから本文です

【GOLF】日本、初日タイ戦は1敗1分け 米国が2敗と出遅れる

ISM 7月22日(金)8時20分配信

 2年に1度行われる国別対抗戦、ULインターナショナル・クラウンが現地時間21日、イリノイ州のメリット・クラブを舞台に開幕。プールBで予選ラウンドを戦う日本は初日のタイ戦を1敗1分けとし、1ポイント獲得でグループ3位につけた。

 同大会は8か国をプールA&プールBの2組に分け、初日から3日目まで各国総当たり、フォーボール形式(2人のうち良い方のスコアを採用)の予選リーグを実施。前回3位タイの日本は、宮里美香&野村敏京ペアがモリヤ・ジュタヌガーン&ポーナノン・パットラムのペアに2アンド1で敗れ、渡邉彩香&鈴木愛のペアがアリヤ・ジュタヌガーン&ポラニ・チュティチャイと引き分けた。渡邉、鈴木組は最終18番のバーディで追い付き、土壇場で1ポイントを手にしている。

 プールBでは米国から2勝を挙げた英国が首位スタート。出遅れた米国はロレックスランキング(世界ランク)4位のレクシー・トンプソンとクリスティー・カーのペアがホリー・クライバーン&ジョディ・エワート組に2アンド1で、ステイシー・ルイス&ゲリナ・ピラー組がチャーリー・ハル&メリッサ・レイド組に同じく2アンド1で敗れている。

 プールAの首位は台湾。テレサ・ルー&ヤニ・ツェン組が3アンド2でカリー・ウェブ&オー・スヒョン組を下すなど、オーストラリア相手に2勝を挙げた。優勝候補筆頭と目される韓国は中国と1勝1敗。チョン・インジ&エイミー・ヤン組がフォン・シャンシャン&リン・シユー組に1アップで勝利した一方、リュウ・ソヨン&キム・セイヨン組がフォン・シミン&ヤン・ジン組に1ダウンで敗れ、両国が2ポイントで並んでいる。

最終更新:7月22日(金)12時24分

ISM