ここから本文です

【GOLF】岩田は97位タイ出遅れ D.ジョンソンが首位タイ発進

ISM 7月22日(金)10時38分配信

 米男子ツアーのRBCカナディアン・オープンは現地時間21日、カナダのグレン・アビーGCを舞台に第1ラウンドの競技を終了。世界ランキング2位のダスティン・ジョンソン(米)が首位タイ発進を切る中、来季シード圏内への浮上を目指す岩田寛は97位タイと出遅れた。

 前週大会で4戦ぶりに予選通過(62位タイ)を果たすも、フェデックスカップ・ポイントランクではシード圏外の137位に沈む岩田。上位進出へ勢いをつけたかったこの日は、前半でノーバーディ、3ボギーと苦戦を強いられると、折り返し後も10番から連続ボギーで一時5オーバーに。その後の13番、16番と伸ばしどころのパー5で2つ戻したものの、2バーディ、5ボギーの3オーバー75で後方からのスタートとなった。

 出場3戦連続Vのかかった全英オープンで9位タイに入ったジョンソンは、1イーグル、7バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの6アンダー66で、ツアー未勝利のルーク・リスト(米)とともに首位発進。2013年大会で2位タイに入った好相性のコースで今季3勝目へ絶好の位置を確保した。ジョンソンと1打差の3位タイには全米オープンでローアマに輝き、今大会がプロ4戦目となるジョン・ラーム(スペイン)やツアー1勝のチェッソン・ハドリー(米)、地元カナダのアマチュア、ジャレド・デュトワらが続いている。

 2013年覇者のブラント・スネデカー(米)は4アンダー68の7位タイ。大会連覇を目指すジェイソン・デイ(豪)は3アンダー69の11位タイとなった。そのほか、昨季国内ツアー賞金王の金庚泰(韓)は1オーバー73の55位タイ。米国期待の22歳、ブライソン・デシャンボー(米)は4オーバー76の117位タイに沈んでいる。

最終更新:7月22日(金)10時38分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。