ここから本文です

【GOLF】濃霧遅延で日没順延 木戸愛が2週続けて好発進!

ISM 7月22日(金)19時59分配信

 国内女子ツアーのセンチュリー21レディスゴルフトーナメントが22日、静岡県の伊豆大仁カントリークラブを舞台に第1ラウンドの競技を行ったものの、濃霧の影響で進行が大幅に遅れて日没サスペンデッドに。約半数の選手がホールアウトできず、残り競技は23日午前に再開される。

 6アンダーで暫定単独トップに立ったのは、17ホールを消化した木戸愛。アウトからスタートしたこの日、3番、4番、7番でバーディを奪い、3アンダーで折り返す。いい流れで迎えた後半、スコアを3つ伸ばし6バーディ、ノーボギーの内容で初日を終えた。前週大会で1打差の単独2位に終わり、惜しくもツアー2勝目を逃した木戸は、その悔しさを今大会でぶつける。

 3アンダー69で回った青木 瀬令奈は18ホールを回り終え、5バーディ、ボギーの内容で若林舞衣子、O.サタヤ(タイ)と並んで2位タイ。2アンダーの暫定3位タイには、前週大会で優勝した全美貞、青山加織、福田裕子が並んでいる。

 賞金ランキング7位の菊地絵理香14ホールを終了した時点で、5バーディ、1ボギーの1アンダーで笠りつ子、飯島茜、香妻琴乃らと並んで暫定8位タイ。ディフェンディング・チャンピオンのアン・ソンジュ(韓)は14ホールを終了し、イーブンパーで暫定26位タイとなっている。

最終更新:7月22日(金)19時59分

ISM