ここから本文です

エア・カナダ、オリパラ後はトロント~リオ便を廃止へ

MEGABRASIL 7月22日(金)18時46分配信

サンパウロから提携便の利用は可能

グローボ系ニュースサイト「G1」が7月14日づけで伝えたところによると、エア・カナダがオリンピック・パラリンピック後、トロント~リオ・デ・ジャネイロ便を廃止するという。

現在、同社のトロント~リオ・デ・ジャネイロ便は週に3便出ているが、最終便は10月半ばくらいになる見通し。再就航の予定はまだないという。

需要の減少と現在のブラジル国内の経済環境を鑑みて決定したとのことだ。ただしトロント~サンパウロ便は維持され、従来通り毎日運航される。

「リオ・デ・ジャネイロまでご利用のお客様はサンパウロまで当社の便をご利用いただき、サンパウロからリオまでは当社の提携航空会社ゴウ(Gol)またはアビアンカ・ブラジルでのご案内となります。運航便の調整は航空会社であらかじめ予定していたもので、便数は弊社内のスケジュールにのっとり、お客様の需要と利用可能航空機数に合わせて随時見直しを行います」(エア・カナダ)

(文/余田庸子)

最終更新:7月22日(金)18時46分

MEGABRASIL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。