ここから本文です

川口春奈×林遣都の同居生活『にがくてあまい』予告編、主題歌も公開

CINRA.NET 7月22日(金)10時28分配信

映画『にがくてあまい』の予告編が公開された。

予告編には、OKAMOTO'Sによる書き下ろしの主題歌“Burning Love”を使用。OKAMOTO'Sのメンバーは同曲について「原作を読んで、歌詞やサウンドに影響を受けました。作品の内容も刺激的だったので、刺激的でセクシーな楽曲に仕上がりました」と語っている。

【予告編と場面写真を見る】

さらに川口春奈演じる江田マキに、林遣都演じる同性愛者の片山渚が「女より男がいいの」と話す場面や、渚の作る料理を食べるマキの姿、落ち込むマキを抱きしめる渚の様子などが確認できる。またゲイバーのマスター・ヤッさん役のSU(RIP SLYME)をはじめ、淵上泰史、桜田ひより、真剣佑ら姿も映し出されている。

9月10日から全国で公開される『にがくてあまい』は、小林ユミヲによる同名漫画が原作。仕事一筋のキャリアウーマン・マキと、ベジタリアンで料理が得意な渚が、衝突しながらも同居生活を送る様を描くラブコメディーだ。

■川口春奈のコメント
OKAMOTO'Sさんの楽曲が物語の最後の最後を締めくくるような、映画の余韻にひたれるような『にがくてあまい』の世界観にピッタリだと思いました。とても満足だし何よりカッコいいです! 改めて映画をつくる上で音楽って大事なんだなと感じさせてくれました!芝居と同じ様に音楽にも是非注目していただきたいです。

CINRA.NET

最終更新:7月22日(金)10時28分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。