ここから本文です

舞台『パタリロ!』殿下役は加藤諒、ビジュアル公開&キャスト発表

CINRA.NET 7月22日(金)11時51分配信

魔夜峰央原作の舞台『パタリロ!』の全キャストが発表。あわせてビジュアルが公開された。

【もっと大きな画像を見る】

1978年から連載されている『パタリロ!』は、架空の島国マリネラ王国の国王パタリロ・ド・マリネール8世が、周囲を巻き込んで起こす騒動を描いたギャグ漫画。

舞台版では天才的な頭脳を持つパタリロ役を加藤諒、美少年の元暗殺者マライヒ役を佐奈宏紀、MI6のエージェントで同性愛者のバンコラン役を青木玄徳が演じるほか、出演者には細貝圭、金井成大、石田隼、吉本恒生、佐藤銀平、吉川純広、三上陽永、ダブルキャストとなる柴一平と香取直登が名を連ねている。脚本は池田鉄洋、演出はコンドルズのメンバーでもある小林顕作が担当する。今回公開されたビジュアルでは加藤諒演じるパタリロの姿が判明した。

同公演は12月8日から東京・新宿の紀伊國屋ホールで上演。チケット情報は後日発表される。

■加藤諒のコメント
先日舞台化の発表がありまして、インターネット上では加藤諒がパタリロ役ではないか、という意見を多数お見受けしました。
そうです、恐縮ながら、ボクが演じさせていただきます☆
素敵なスタッフの皆様、素敵なキャストの皆様と、素敵な「パタリロ!」を創り上げたいと思いますっ!!!
果たしてどんな舞台になるのか、ご期待くださいませ♪パパンがパン♪♪

■魔夜峰央のコメント
「パタリロ!」の世界を、生きている人間が、死んでる人間には無理でしょうが、表現できるとは思いませんでした。楽しみです。

CINRA.NET

最終更新:7月22日(金)11時51分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。