ここから本文です

ポケモンGOを出雲大社が禁止した 国内外のこんな場所でも

BuzzFeed Japan 7/22(金) 17:00配信

ついに日本に上陸したポケモンGO。トラブルを防止すべく、禁止や注意を呼びかける貼り紙があちこちに現れている。

「#ポケモンGO 」配信2時間で、これだけの大騒動。伝説の域へ

「伝説のポケモン」がいそうな島根県の出雲大社は、ホームページ上で、境内でポケモンGOの使用を禁止すると告知した。
【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

ドローンとともに禁止事項に加えられた形だ。

高校野球の強豪校として知られる仙台育英高校には、「本校のポケモンは進路達成に向けて真剣に勉強しております」と、学習の妨げをしないよう呼びかけるユニークな注意書きが。

鎌倉時代に建立された神奈川県藤沢市の雲昌寺は、ちょっとフレンドリーに、「お寺の中でポケモンをゲットしないでネ!」。

数百年の歴史を持つ広島県東広島市の宮崎神社では、禰宜が自ら貼り紙をツイート。「参拝中のポケモンをとるのは、やめてあげてね」「ポケモンではなく、神さまの使いかもしれません」などと、参拝客の邪魔をしたり、建物に入ったりしないよう訴えた。

こうして各地の寺院や動物病院などで同じような貼り紙がされ、ヤフオクには、「ポケモンGO禁止」の看板まで売り出されている。

遊ぶ場所をめぐっては、海外でもいろいろなトラブルが。

アメリカでは子どもたちが原子力発電所の敷地に侵入。ボスニアの地雷原やインドネシアの軍用地に入り込んでしまったプレーヤーたちもいた。

トルコではモスク内でのプレーに、イスラム教指導者たちが反発。ポーランドのアウシュビッツ強制収容所跡地では、博物館がプレー地域から外すよう開発会社に要請した。

人々が祈りを捧げる、大切な場所がある。

広島では平和記念資料館の副館長が「神聖な場でゲームはするべきではない。集まった人の気持ちを考えた上で遊んでほしい」と呼びかけている(時事通信)。

最終更新:7/22(金) 18:48

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。