ここから本文です

『ポケモンGO』で盛り上がる位置情報ゲームの魅力を探る~真鍋大度×Ingress川島優志

SENSORS 7月22日(金)10時45分配信

『Pokemon GO』(ポケモンGO)を任天堂株式会社、株式会社ポケモンと共に開発した「Niantic, Inc.」の川島優志氏とメディア芸術祭受賞展示IngressのAPIを用いたインスタレーションを制作したライゾマティクスリサーチの真鍋大度氏が、ARを活用したスマホ位置情報ゲーム『Ingress』のユーザーイベント会場にてIngressの魅力について語ってくれた。すでにIngressにハマっている方も、興味があるけどまだ初めて無い方も、そして筆者のようにレベル途中で止まっている方も是非読んで欲しい。身体性を拡張する新しいゲームの魅力を再発見するだろう。

【元記事】『ポケモンGO』で盛り上がる位置情報ゲームの魅力

7月16日、お台場で10,000人以上が集まるイベントが開催された。Ingressのユーザーが集まる『Aegis Nova(イージスノヴァ)』だ。ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど海外からも1,000人以上参加しており世界各地でファンを魅了しているイベントだ。そのラストを飾るDJ/VJプレイを行ったのはライゾマティクスリサーチ真鍋大度氏だが、真鍋氏も熱狂的なIngressファンであるという。『ポケモンGO』、『Ingress』開発元の「Niantic, Inc.」の川島優志氏とライゾマティクス真鍋大度氏に『Ingress』の魅力を伺った。

地球を“ゲーム盤“として楽しむ!Ingressが提供する新たなゲーム体験

--まず川島さんにお聞きします。「Ingress登場前」と「Ingress登場後」のゲームの定義が変わっていると考えます。当事者としてIngressが世界に与えたインパクトを教えてください。

川島: 日本だとガラケー時代から「位置ゲー」というジャンルが既にあり、位置情報を使ったゲームとしては、我々がパイオニアだとは思っていません。ただスマホ時代の位置情報ゲームとしては、スマホ普及率の拡大と、GPS精度向上が運良く重なり、良いタイミングでリリースできたと思っています。
あとは開発メンバーがGoogle Maps担当なので地図を知り尽くしているという事と、グローバルに展開できている位置情報ゲームというのはユニークなポイントとして挙げられると考えます。もちろんグローバルな位置情報アプリとしてはFoursquareなども先行していますが、とことんゲームにこだわっている点ではIngressがユニークだと言えます。

我々は世界地図を“ゲーム盤“とみなしており、Ingressを通して世界の見え方を変えていくチャレンジをしています。街中にある建造物やお地蔵さんなどを“ポータル“として登録し、ハックしていく事によりゲームと現実の境を溶かしているのは他に無いアプローチです。普段何気無く目にしていたり、通りすぎている街中のあらゆるモノにも意味があることをこの“ポータル“として登録、認識することにより伝えていこうとしています。

--真鍋さんはIngressのヘビーユーザーとお聞きしますが、どこに魅力を感じてらっしゃいますか?

真鍋: Ingressの良いところは不親切なところです。最近のゲームは何から何までお膳立てされていてまるで映画を見ているような感覚に陥るのですが、Ingressはそれとは逆に自由度が高く、ユーザーに楽しみ方を委ねているところが面白いです。Snapchatとかもそうだとおもうのですが、不親切なぐらいがユーザーが遊びを作り出す余白もあって、体験としては結果的に良いものになったりするんですよね。それが熱狂的なファンを増やすことになると思っています。

あと、不親切な分だけ人に教えたくなるんですよね。「Ingressやってる?」とか「わからない事多いよね?!」という会話が発生し、結果「教えてあげるから一緒に一回やってみよう」と友人と楽しむ、こういうコミュニケーションが発生するのも面白いところです。

川島: ゲーム体験、ユーザーエクスペリエンスという観点から見ると、ちゃんと設計されたものが常にみんなから愛されるわけではないと考えています。例えば、2ちゃんねるとかは素晴らしいインターフェイスとは言えないけれど、多くのファンに愛されている。アプリやサービスや素晴らしくなめらかなUIを作り上げたからと言って愛されるわけではないのですが、開発側がエクスペリエンスをデザインする上で、間違いが起きがちなポイントかもしれません。

1/3ページ

最終更新:7月22日(金)10時45分

SENSORS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]