ここから本文です

AV男優界のアベンジャーズが集結……男が熱狂するヒーロードラマ「マグマイザー」始動にむけて/<視線の先>インタビュー

トレンドニュース(GYAO) 7/22(金) 17:19配信

「半径2.5メートル以内にAV男優がいないと変身できないヒーロー」という奇想天外なアイデアがネットを中心に話題を集めている。そのオリジナル特撮ヒーロードラマのタイトルは「マグマイザー」。現段階ではYouTubeで予告編映像のみが公開されているだけで、本編映像は存在しない。このプロジェクトは現在、連続ドラマ化を目標に、協賛スポンサーや放送媒体などを募っている段階だが、早くも香港、台湾からも熱い視線が送られるなど、世界を巻き込んだ一大プロジェクトになりそうな予感を秘めている。

「マグマイザー」 予告編 / Magmizer Trailer>>

主人公の真熊烈(まぐま・れつ)は、一般男性とは桁違いの“マグマ粒子(精力や雄度)”を持つ選ばれし男性・神雄(カミオス)=AV男優の力を借りて、超戦士マグマイザーに変身。日本の少子化および人類滅亡をもくろむ黒の一族ひきいる魔獣と戦う。予告編に登場した神雄は、大島丈、黒田悠斗、しみけん、志良玉弾吾、田淵正浩、森林原人、吉村卓という、現代のAV男優界を代表する七人の精鋭に加え、さらには2013年をもってAV男優卒業を表明した、あの神の手を持つカリスマAV男優まで参戦。まさにAV男優界のアベンジャーズともいうべき豪華出演陣となっている。また、スタッフも一流どころが参加。ハイクオリティーで豊かな映像が、この企画に対する“本気”を感じさせる。

本作のメガホンをとったのは、大ヒットDVD「人の怒らせ方シリーズ」や、異色の脱力系特撮ヒーロードラマ「神話戦士ギガゼウス」を手がけた演出家の古屋雄作。この異色の新ヒーローを生み出した古屋に、この企画への思いを聞いた。

■AV男優(神雄)のパワーをエネルギー源にするヒーロー

――「神雄=AV男優のパワーをエネルギー源にするヒーロー」というアイデアはどこから生まれたのでしょうか?

古屋「2012年に関西テレビで『神話戦士ギガゼウス』という特撮番組を手がけたんですが、僕としてはその続編をやってみたいなという思いがありました。その時に、ヒ―ローが変身するためのエネルギー源についても色々と考えて。携帯の電波とか、子どもたちの笑い声とか考えていくなかで、男優の精力というアイデアもよぎった。それが今回のマグマイザーの元になっていると思います。」

――まわりの反応はいかがでした?

古屋「飲みの席でも仕事現場でも、とにかく男にこのアイデアを話すとみんな大爆笑なんですよ。男なら、たとえ名前は知らなくても、彼らの顔はだいたい知っているじゃないですか。だから話していくうちにみんなのイメージがどんどんふくらむようで、「男優ごとに変身後の能力を変えてみたら」とかいろいろなアイデアが飛び出して、本当に盛り上がるんです。そういうのっていいアイデアなので、これはやるしかないなと思ったんです」

1/4ページ

最終更新:7/22(金) 17:46

トレンドニュース(GYAO)