ここから本文です

北陸地方で梅雨明け 13年ぶりに関東より早く夏本番へ

ウェザーマップ 7月22日(金)11時1分配信

 きょう22日昼前、気象庁は北陸地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より2日、昨年より3日早い発表。
 一方、関東甲信地方はまだ梅雨明けが発表されておらず、関東甲信よりも北陸が早く梅雨明けしたのは、2003年以来、13年ぶりのこととなる。

 北陸地方は広い範囲で晴れており、気温はすでに30℃を超えている所がある。午後も晴れる所が多く、気温はさらに上がる見込みだ。22日の予想最高気温は福井31℃、金沢30℃、新潟・富山29℃。

 あす23日も晴れて、厳しい暑さが続くことが予想される。日曜日以降は湿った空気の影響で雲が広がりやすくなるが、晴れ間はあって、気温は連日、30℃前後まで上がる見通し。こまめな水分補給など、万全な熱中症対策が必要だ。

 なお、梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間がある。

最終更新:7月22日(金)11時3分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。